日體寺
サイトマップ
HOME 日體寺紹介 年中行事 墓地(永代供養) 厄除け祈願 洛陽十二支妙見 一言法話 リンク アクセス お問い合わせ
2019年
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
不惜身命
勝守り
仏縁
受け止め方
2012年
業
心の荷物
諸行無常
助け合いの精神
心磨きの行
煩悩即菩提
因果応報
臨終を習う
不器用
いい人
無上道
菩提心
2011年
矢のはしることは弓の力
人の縁なくして人生なし
智目行足
少欲知足
苦を乗り越え仏になる
普通でいること
幸せになるには
我を捨てよ
桜の花のように
バランス
心を満たす言霊
仏心は親心
2010年
出会いの力
人生への投資
物事の見方
心の洗濯
エゴイズム
できること
共にある幸せ
心に刻むこと
生きる力
因縁
口は災いのもと
仏様のまばたき
2009年
ありがとう
十人十色
WIN WIN
長所と短所
オンリーワン
損して得とれ
それぞれの道
中道
信行
報恩感謝
いただいた命
菩薩行
2008年
感応道交
地獄と仏界
仏知見
方便
異体同心
おかげさま
無明と光明
良心
増上慢
平等大慧
精進
一期一会
2007年
一心合掌
信仰心
六根清浄
苦と楽
善行の徳
安楽行
心
煩悩
感謝
宝
袖触れ合うも他生の縁
ご先祖様
2006年
変化の人
お釈迦様の最後の言葉
仏の種
人生とは
善知識
常照山 日體寺(日体寺)京都清水坂
〒605−0862 京都市東山区清水四丁目151
TEL:075−561−1248(8:30〜17:30)
info@nittaiji.com
HOME一言法話 > 菩提に転じるの巻
掛け軸
菩提に転じるの巻

菩提に転じる(ぼだいにてんじる)の巻

今年も師走に入り、慌ただしい時期になりました。
ぼちぼちお正月の準備も始まります。
地域によってはお正月にお供えする鏡餅に、喜びが来るという意味の縁起物として干し柿を飾ります。

干し柿は渋柿から作られていますが、渋柿というのは、当然そのままでは食べられません。
渋を抜くためにまず皮をむいて吊るし、軒先きなどで何日も天日干しをすることで、ようやく甘くて美味しい干し柿になります。

私達も若い時は渋柿と同じようなものです。
外見は大人になっても、中身は渋があるような生き方をしていることが多いのではないでしょうか?

この渋は私達の煩悩を表します。
実は煩悩は自分の心から作り出しているものです。
歳を重ねていくごとに、煩悩を抑えることができるようになれば、人間的にも一皮二皮と剥けていきます。
干し柿でいうところの皮剥きの段階です。

そして、次に天日干しをします。
寒風にさらされながら、お日様の光にあたることで、甘味を増していきます。

天日干しは、色々な困難の中にも仏様の慈悲の光に見守られながら、日常の自身の行いによって、徳を積んでいる状態と言えます。
人はぬくぬくとしているよりも、困難に立ち向かうくらいの方が、強くなっていきます。

寒風の中で、次第に干し柿は小さくなりシワシワになって、表面が甘味成分で白くなってきます。
このように様々な過程を経て、ようやく甘い深みのあるものに仕上がるのです。

この干し柿と同じように、人は誰でも歳をとれば顔のシワも増えて、髪の毛も白くなっていきます。歳を重ねた時に、私達が徳を積む修行によって煩悩を払い、豊かな心を持っていることを仏様は願っておられるのです。

途中で腐ることなく、仏様の慈悲の光を浴びながら、今の生き方を正していくことが大切だということです。
渋柿を甘い干し柿にする。自分の心中にある煩悩を、喜びや豊かさである菩提に変えていく。
これが仏様の教えである「煩悩即菩提」菩提に転じるということなのです。
©日體寺
ページトップへ