日體寺
サイトマップ
HOME 日體寺紹介 年中行事 墓地(永代供養) 厄除け祈願 洛陽十二支妙見 一言法話 リンク アクセス お問い合わせ
2017年
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
不惜身命
勝守り
仏縁
受け止め方
2012年
業
心の荷物
諸行無常
助け合いの精神
心磨きの行
煩悩即菩提
因果応報
臨終を習う
不器用
いい人
無上道
菩提心
2011年
矢のはしることは弓の力
人の縁なくして人生なし
智目行足
少欲知足
苦を乗り越え仏になる
普通でいること
幸せになるには
我を捨てよ
桜の花のように
バランス
心を満たす言霊
仏心は親心
2010年
出会いの力
人生への投資
物事の見方
心の洗濯
エゴイズム
できること
共にある幸せ
心に刻むこと
生きる力
因縁
口は災いのもと
仏様のまばたき
2009年
ありがとう
十人十色
WIN WIN
長所と短所
オンリーワン
損して得とれ
それぞれの道
中道
信行
報恩感謝
いただいた命
菩薩行
2008年
感応道交
地獄と仏界
仏知見
方便
異体同心
おかげさま
無明と光明
良心
増上慢
平等大慧
精進
一期一会
2007年
一心合掌
信仰心
六根清浄
苦と楽
善行の徳
安楽行
心
煩悩
感謝
宝
袖触れ合うも他生の縁
ご先祖様
2006年
変化の人
お釈迦様の最後の言葉
仏の種
人生とは
善知識
常照山 日體寺(日体寺)京都清水坂
〒605−0862 京都市東山区清水四丁目151
TEL:075−561−1248(8:30〜17:30)
info@nittaiji.com
HOME一言法話 > 世のため、人のため、◯◯のため
掛け軸
世のため、人のため、◯◯のための巻

世のため、人のため、◯◯のための巻

近頃は、自分のことだけで精一杯で、他人の心配までしている余裕がなくなっているような気がします。

人に親切にすると言っても、その人に思いやりの心が備わってないとできませんし、また、思いやりの心があっても、自分の心にゆとりがなければ、人に親切にすることは難しいでしょう。

では、自分の心にゆとりを持つにはとうすればいいのかの申しますと、自分の心の内にある欠点を探し、これを追い出すように心がけることであります。
自分に厳しくしていれば、何事も人のせいにしたりは致しません。

自分の行動や言動をかえりみながら、人にもし欠点があるならばそれを許し、自分には欠点がなかったかを考え、欠点が見つかれば簡単に許すことなく、すぐに反省をしていきましょう。
自分本位の心が満杯になると、自らをコントロールできなくなってしまうのです。

この世は全て、お互いさま、おかげさまの中において、成り立っているのです。
その中で人と人が支え合って生きている、生かされているということです。
仏様は私達一人一人が、人を思いやる心を育て、それを実践していける人になれるように願っておられます。

人のためにと思ってしたことが、自分にとってプラスになって帰ってきます。
そんな人達が世の中を良くしていくのでしょう。
「世のため、人のため」というのは、皆さんの思いやりの心一つから始まっていることなのです。

「世のため、人のため、そして自分のため」になるということを心に刻んでおいて下さい。
©日體寺
ページトップへ