日體寺
サイトマップ
HOME 日體寺紹介 年中行事 墓地(永代供養) 厄除け祈願 洛陽十二支妙見 一言法話 リンク アクセス お問い合わせ
2018年
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
不惜身命
勝守り
仏縁
受け止め方
2012年
業
心の荷物
諸行無常
助け合いの精神
心磨きの行
煩悩即菩提
因果応報
臨終を習う
不器用
いい人
無上道
菩提心
2011年
矢のはしることは弓の力
人の縁なくして人生なし
智目行足
少欲知足
苦を乗り越え仏になる
普通でいること
幸せになるには
我を捨てよ
桜の花のように
バランス
心を満たす言霊
仏心は親心
2010年
出会いの力
人生への投資
物事の見方
心の洗濯
エゴイズム
できること
共にある幸せ
心に刻むこと
生きる力
因縁
口は災いのもと
仏様のまばたき
2009年
ありがとう
十人十色
WIN WIN
長所と短所
オンリーワン
損して得とれ
それぞれの道
中道
信行
報恩感謝
いただいた命
菩薩行
2008年
感応道交
地獄と仏界
仏知見
方便
異体同心
おかげさま
無明と光明
良心
増上慢
平等大慧
精進
一期一会
2007年
一心合掌
信仰心
六根清浄
苦と楽
善行の徳
安楽行
心
煩悩
感謝
宝
袖触れ合うも他生の縁
ご先祖様
2006年
変化の人
お釈迦様の最後の言葉
仏の種
人生とは
善知識
常照山 日體寺(日体寺)京都清水坂
〒605−0862 京都市東山区清水四丁目151
TEL:075−561−1248(8:30〜17:30)
info@nittaiji.com
HOME一言法話 > 塔婆
掛け軸
塔婆の巻

塔婆(とうば)の巻

お彼岸やお盆の法要、また法事の際などに、塔婆を建ててご供養されている方が多いかと思います。
塔婆って何?と思われる方は、お墓の後ろに建ててある、木の板のことだと言えばピンとこられるでしょう。

塔婆はお塔婆、卒塔婆(そとうば又はそとば)とも言われ、元々は古代インドの文学語である、サンスクリット語(梵語)のストゥーパが語源です。
仏教が中国に渡った時に卒塔婆の字が当てられ、それが略されて塔婆と呼ばれるようになりました。

ストゥーパとは、積み重ねるという意味もありますが、お釈迦様のご遺骨(仏舎利・ぶっしゃり)を収めた仏塔のことを表します。
石を積み重ねて造られる五輪塔に始まり、次第に台や傘が付けられるようになり、日本では大きいお寺によく見られる、木造建築の五重塔が建てられるようになりました。

塔を建てることは大きな功徳とされており、徳を積むための善行として建立されましたが、五重塔を建立することは万人にはできませんでした。
そこで、木の角材に五輪を刻んだり、板を用いたのが現在の塔婆なのです。

このことから、塔婆は木の板でありますが、建物と同じように建てると言うのです。
五重塔も塔婆も大きさや形は違えども、建てるその功徳は同じなのです。

塔婆の大きさ、長さは地域によって違いがありますが、日蓮宗では表の上に南無妙法蓮華経のお題目を書き、その下に〇〇家先祖代々の霊や霊位の戒名を書いて、第何回忌など法要の趣旨を書きます。

そして、下の部分に塔婆を建てる方の名前を書くのが一般的です。裏側に、経文や建てた日付を書く所もあります。

日蓮聖人は、表に南無妙法蓮華経の七字を書き表した塔婆を建てることは、霊位の供養のみならず、その塔婆に当たった風に触れるだけでも、苦しんでいる者は、その苦しみから逃れることができ、さらには悪道を免れるほどの功徳があると示されています。

それだけ塔婆供養というのは、大切な意義があるということです。
塔婆にお題目と霊位の戒名を書き記し、ご供養をする私達と、自身が志す霊位の心とが響き合う、仏様と相通づる心のかけ橋が塔婆なのです。

法要の折には、是非塔婆を建ててご供養されることをお勧めします。
そして、仏様を心で感じて頂ければ、供養の喜びを実感できることでしょう。まさに、功徳はかりなし(はかり知れない)です。

塔婆の巻
©日體寺
ページトップへ